2017年5月10日水曜日

20170510 20:05

ふだん、星の動きというのはそんなにチェックしていない方なのだけれども、どうやらここのところは冥王星のみならず、木星と土星というそれぞれなかなかにボリューミーな3惑星がそろって逆行しているっぽい(こないだまでは水星も。でも水星の逆行っちゅうのはちょいちょいある)。

とくにこの「冥王星×土星の逆行」というかんじをじわじわっと味わっているこの数週間・・・

状況的にあきらめるしかなかったり、自分の力不足だったり、どうしてもタイミングがあわなかったり、なんとなく疎遠になってしまったり・・・

理由はいろいろなのだけど、とにもかくにも

過去に取りのこし/取りこぼしてきてしまったもの
むかしやりたかったけどできなかったこと
中途半端に終わってしまったもの
自分には無理、とあきらめてしまっていたこと

なんかそんなものが、ここのところ次々に目の前に現われる

あの時はあそこまでしかできなかったけれど、「今」の「アナタ」としてもう一度やってみませんか?きっと以前とはちがったアプローチ、関わり合い方ができるんじゃない?

と、リベンジのチャンスが与えられている感じ。

とくに「冥王星×土星」に関わる逆行なので、そこでリベンジするものとはそれぞれの魂にとって核となるようなとても重要なテーマ。今生にとどまらず、何度も転生しながら追いつづけてきたような。

大きいだけに、手つかずになっていたこと
壮大すぎてできないと思ってしまっていたようなこと

そこに向けてもういちど手を伸ばしてみる、一歩踏み出してみる、そんなチャンスを与えられているような気がする、今回の逆行期間(冥王星の逆行は9/29まで、土星は8/25まで)です。

ちなみにこの半月でもうひとつ印象的なのは、前回の牡牛座新月⇒獅子座上弦の月⇒蠍座満月(明日)という流れ。

この、牡牛座と蠍座のコンボ、しかも獅子座サンドイッチって、なんかこの3星座並んだだけでちょっとお腹いっぱいというか主張が強いというか(笑)、濃ゆいなぁぁと思ってしまうのだけど、この動きを見て思い出すのは去年の11月。あのときは蠍座新月からの牡牛座スーパームーンという今回の逆パターンで、なかなかの首絞められ感があったのだけど(笑)、あれで往生際悪くもいろいろあきらめておいたおかげで今回の蠍座満月は、わりと平和にすごせそうな感じがしている。

まえにもすこし書いたけれど、この冥王星と蠍座の絡みというのは、この先もちょいちょいキーになってくる感じ。

まぁ、とにもかくにも、自分に正直に、これしかない。
潜在意識のあぶり出し、お掃除。できる範囲で、したいときに。

そうすれば、星がどんな動きをしようが、けっきょくのところそれは追い風にしかならないのだ。

それにこうして「やり直し」のチャンスも世界はちゃんと用意してくれたりしていて、本当に必要なものは戻ってくるのだから、できないときに無理にやろうとすることはないししがみつく必要もないんだなってあらためて思う(逆にいえば、そのときどきでできることはちゃんとやっておく、というのも大事)。

今日も、ブラジルとラテンアメリカ、奄美群島や琉球弧の島々、そして本(コトバ)の宇宙・・・と私とを繋いでくれた大学時代の恩師?とひさびさにごはん。

なんだか人生ありがたいばっかりだネ。

どこまでも、いろんなものにまたがって、存在していたい。



Kabira, Ishigaki Island 2016